広東料理レシピ
広東料理の達人
 

日本では風邪や体調があまりよくない時、おかゆを食べるのが普通ですが、中国の多くのご家庭では毎日食べています。中国に行った時、ホテルの朝食バイキングに欠かせない一品は中華粥です。でも、我々日本人が思っている鶏肉、ホタテ、魚などのだしで作った中華粥はほとんど見かけることができません。広州を始めとする広東省では味付けの中華粥をよく食べますが、北京、上海などでは穀物と豆類で作ったのをよく食べます。

中国の薬膳粥

中国の人は古くからおかゆを食べる習慣がありまして、今から2000年以上の歴史を持っています。歳月の流れとともに、その作り方と製造過程は段々進化を遂げ、おかゆの種類は1000以上にも上りました。その中でも、中国の漢方医たちによって研究され作られた薬膳粥は、中国食文化の大発明と言われています。薬膳粥は、中国漢方のみならず、中国人の健康及び人類の健康を守る上で大きな貢献を果たしました。

北京の粥

北京を始めとする中国の北方地方では、朝食によくおかゆを食べます。北方地方と広州などの南方地方のおかゆは違います。北京のホテルに泊まったことのある人は、朝食に必ずと言ってもいいぐらいおかゆを食べたことがあるでしょう。白いお米だけではなく、あわ、ひえ、緑豆などで作ったおかゆも大変おいしいです。お米本来の味だけで、味付けはしていません。「お米だけでこんなに香ばしくて甘い味がしたかしら?」と思うぐらい味に深みがあります。

広州の粥

「点心、飲茶」抜きに広東料理を語ることはできないように、中華粥抜きに点心、飲茶を語ることはできません。「点心、飲茶」のお粥は、お米だけではなく鶏肉、豚肉、牛肉、お魚、魚介類、葱、生姜、皮蛋(ピータン)、落花生など様々な素材を使うのが特徴です。広東では粥を作ると時に塩、醤油などの調味料を使います。広州でお魚粥を注文すると、ウェイトレスが必ず持ってくる薬味があります。それは何でしょう? お魚の臭みを取るだけではなく、体を温める効果のある「生姜」です。

粥を食べてダイエット!

多くの国でお粥は、離乳食としてかわいい赤ちゃんたちの成長を守っています。中国の人は中華まん、シュウマイ、餃子(ギョーザ)、春巻などと一緒にお粥を食べます。中華まんは特に喉が詰まることがありますので、粥と中華まんは「コンビ」と言ってもいいです。炭水化物ダイエットで成功した中国人は、ライスの代わりにおかゆを食べたそうです。でも消化がよく、腹持ちがあまりよくないので、粥だけではなくいろんなおかずを食べることをお勧めします。ダイエットに欠かせないのは、運動とバランスの取れた食事です。体力維持、そして運動をするためにもある程度のカロリーを摂取しなければなりません。

中華粥の作り方

中国の人は「お粥は生のお米から作るもの」と思っているので、残りご飯でおかゆを作る人を見るときっとびっくりするでしょう。お米から作ったおかゆと残りご飯で作ったおかゆは、味が断然違います。中国粥の作り方の基本は、生のお米を使うことです。白米、黒米、あわ、ひえ、玄米などいろんな種類をブレンドし、なつめ(ナツメ)、落花生、レーズンなどを入れると八宝粥(はっぽうがゆ)になります。八宝粥は、熱くして食べてもいいですが、冷めてもおいしいです。

中華粥レシピ

材料

米1カップ(玄米、あわ、黒米などをブレンドする場合は、その分白米を減らしてください)、水10カップ、もち米少々

作り方

  1. お米を洗って水に30分ほどつけておきます。
  2. 米1に対して、水は10の割合で強火にかけます。(水の代わりにミルク、豆乳を使用してもいいですが、牛乳と豆乳は溢れやすいのでお気をつけてください)
  3. 水が沸騰してきたら、中火にして20分ほど煮込みます。(この間、よくかき混ぜることをこころかけてください。)
  4. お米の姿がだんだん消え、どろどろの状態になるまで弱火で更に30分ほど煮込んだら簡単ヘルシー粥の完成です。



このページをブックマークする